次世代型の製品

湯沸かし器も「エコ」がトレンド

これまでは湯沸かし器と言えばガスや石油を利用したものが一般的でした。しかし、近年のエコブームの背景から、最近では電気式の湯沸かし器の需要が高まっています。その中でも特に知名度が高いのが、エコキュートです。エコキュートは正式名称「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といいます。ヒートポンプ技術を利用して空気の熱でお湯を沸かすことができる、次世代型の湯沸かし器です。 エコキュートは基本的に深夜電力を利用して湯沸しを行うため、深夜電力プランに契約を変更することで電気料金を抑えることができます。また、タンクにお湯をためるシステムなので、災害時には溜めてある水を非常用として利用することができます。 エコキュートの最大の魅力は光熱費を抑えられるところですが、災害時に水を確保できるというメリットがあるところも見逃せません。

エコキュートはタンクの容量で選ぶ

エコキュートの価格はタンクの容量によって変わってきます。タンクの容量には180L、370L、460L、560Lと設置場所の広さや家族の人数、使用湯量によって選ぶことができるようになっています。価格相場はおよそ30万円前後〜40万前後となっており、これに工事費用をがプラスした金額が実際に支払う金額になります。 ちなみに、エコキュートを設置しようと考えた場合、一般的にはIHクッキングヒーターも併せて設置することになります。いわゆる「オール電化」を導入することになります。オール電化とは、調理や給湯に利用するエネルギーをすべて電気に統一することをいいます。電気、ガス、石油とこれまではバラバラだった燃料費が電気に一本化されることで管理がしやすくなり、また、燃料費そのものが抑えられるということで人気が高まっています。もちろんエコキュート単体でも設置することは可能ですので、オール電化にするかどうかは都合や好みに合わせて選びしましょう。