かしこい方法

エコキュートでかしこく節電・節約

エコキュートとは、大気の熱を利用してお湯を沸かす給湯機のことで、正式名称は、「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といいます。省エネで環境にも配慮されており、効率的なヒートポンプ方式によって、少しの電力で効率よくお湯を沸かすことができます。 エコキュートの特徴は、格安の深夜電力を使って作ったお湯をタンクに貯めて、日中は保温しておき夜間に使うことで、省エネで節電・節約できるということです。そのため、エコキュートの性能を効果的に発揮するためには、必要な量だけお湯を沸かして上手に使い切ることが求められます。 また、エコキュートの構造から冬場にはエネルギー効率が低下してしまうので、北海道や東北など寒冷地では専用タイプの導入が必要となります。

生活スタイルに合わせて導入を

エコキュートは、新築したオール電化の住宅やリフォームに伴って導入されることが多いようです。 エコキュートはガスや石油を使わないため、ガス漏れやガスの不完全燃焼などの危険性がなく、高気密・高断熱化された現代の住宅にむいています。このため、火災のリスクが低いので、火災保険が割安になったり住宅ローンの金利が優遇されることもあります。 また、特徴であるタンクにお湯を貯める仕組みによって、停電時や断水時でもタンク内の水を非常用水として活用することができます。さらに一番のメリットである料金の安い深夜電力を利用することから、毎日の生活スタイルの影響も大きいですが、昼間にあまり電力を消費しない家庭にむいているといえます。