省エネのための選択肢

さまざまな給湯設備について

省エネ・省ランニングコストの為のエコ設備は、エコジョーズの潜熱回収型高効率ガス給湯・エコウィルのガス発電機+排熱利用システム・エコキュートのヒートポンプ式電気給湯・エネファームの燃料電池発電+排熱利用システムなどがあります。設備を検討する時には、家族構成やライフスタイルなども考えながら、メリットやデメリットも参考に検討することがお勧めです。一般的にもよく知られているエコキュートは、エコキュートと併せてIHヒーターを導入することにより、ガスをまったく使わないオール電化住宅も増えています。最近では、さまざまな種類のエコキュートが販売されているので、立地条件なども考慮に入れて力を最大限発揮できるようにする必要があります。

エコキュートを設置する為に知っておきたいこと

エコキュートを導入するにあたり確認しておきたいことは、エコキュートの設置場所です。狭小地用のコンパクトサイズも販売されていますが、ガスの給湯器などと違い据え置き型で、勝手口付近や水廻りの裏側に置くことが多いので、事前の確認をしておくと安心です。タンクの容量も違う為、急な来客などで困らないように、余裕をもった容量を検討することがお勧めです。火を使わないので、キッチンの内装制限外となる為、比較的自由にキッチン計画をたてることができるので、自由なプランニングを検討してみることも楽しみの一つになります。エコキュートのタイプは、寒冷地タイプや塩害地域タイプや狭小地タイプなどさまざまあるので、目的に合ったタイプを検討しなければならないです。